2014年10月31日金曜日

スミレママの秘密の冒険1~ フェラで景気づけ 変態は無償の愛か?

無償の愛の具体例はですね、

正直、男の心をホイホイつかめたのはたしかだけど、方法としてはまちがってますからね(笑)。

それを前提に、セックスのみにしぼって言うと、

ムリでも相手に合わせる、やりたくないことでも拒否して相手を傷つけることのないよう、にっこり笑って受け入れるってことでしたね。

熟睡中でも手が伸びてきたらガバッと起きてシャキッと応じるとか。

まず率先してフェラで景気づけするとか。

わけのわからない珍妙な体位に持ちこたえる努力をするとか。

頭に血が上ろうと脚や背中のスジがつろうと、相手がはりきっている以上こっちもがんばる、みたいな(笑)

それから、

ゲスなオモチャ使用や痛みもギリギリまで耐える。

アホなコスプレでレイプごっこや痴女ごっこをするとか。

もちろん、複数プレイやスワップもさんざんやりましたよ、

小説に書いたくらいですから、この世界にいた時間はわりと長かった。

そこまですずやかにやれて自分についてくる女はなかなかいないから、ものすごく優しく大切にされるわけです。
これが愛なのかな、と思ったりもしてたんですよね。

女王様も奴隷も一応どっちもできたし、
レズプレイもうまいもんですよ。
どうしてもできなかったのは、露出くらいですね。

密室内だから、なんとか男のファンタジーを実現してこられたんですが、
外でおかしなことするのだけはムリでした。

本来はつまんないくらいノーマルですから、ママは。

よくやりましたね、いろいろと。
それくらい相手を愛していたというよりは、そのつど泳がせて観察したかったのもあります。




変態ばかりつきあってきたわけじゃないんですよ。

どんな人にも底深い性願望みたいなものがあって、そこをひっぱりだしてみるとそうなったんです。

ひろのちゃんとおなじように、本当に男心がわからなくて。
女になにを求めているのか、まったくミステリーでしたから、知りたかったんですよね。

で、今ノーマルしか受けつけなくなったのは、

無償の愛とはなんぞや?がわかったからなんですが、簡単にいうとこれです。(続く)



0 件のコメント:

コメントを投稿