2014年10月12日日曜日

トークイベントご報告~灰汁を取りやすい女VS取りにくい女。なぜ灰汁を取る女がイキにくいか?

性セラピスト・鍼灸気巧師の回氣堂玄斎氏(左)の実演タイム。モデルは水野スミレ氏(右)とご来場者の皆様。


昨日のイベントはたくさんの方にご来場いただきました。ありがとうございます!

トークタイムでは、水野スミレママ VS 渡辺ひろ乃 の性格や好みの差がハッキリと浮き彫りに。

「女の感じ方、オーガズムの得方は千差万別。そのため、男性は、女性のタイプを予測することと女性の不安材料を除くことが重要。要するに「灰汁」を取らないとスープは美味しくならない!」
とAV監督、えのき雄次郎氏。

「えっ?! 私は灰汁は取らないけど。(笑)キッチンで一人鍋を眺めている時間があったらパートナーと仲良くしたい。スミレママは灰汁取る?」(ひろ乃)

「もちろん、取るわ! 丁寧に料理した方が男性も喜ぶでしょう?」(スミレ)

「イヤ、そんなの。家庭の煮物に澄んだ煮汁を期待しないで。完璧な料理を求めるなら一緒に料亭に連れて行って欲しいし。(笑)灰汁を取るために鍋の前に居させるのじゃなくて抱き寄せてって思っちゃう。経済力と包容力で安心させて欲しいな。すると、すぐにイッちゃう」(ひろ乃)

「そう。そうやって、ひろ乃さんのように男に対して要求ポイントが多い女性ほど、女の「灰汁」は取り除きやすくイカせやすいってこと。スミレママのように、男好みに沿うようにする女性は、実は警戒心も取り除きにくく、イカせるのは至難の業だったりする」(えのき)

スミレママ VS ひろ乃 の「イカない、イク」バトルは、今後、ブログで続けていきたいと思います!









 

0 件のコメント:

コメントを投稿