2014年10月20日月曜日

ヤリマンVS淫乱 対決~福沢諭吉先生に学んだこと


10月19日(日)は慶應義塾大学日吉キャンパスにて連合三田会が開催されました。


懐深い福沢諭吉先生のもと、私も当日券売りのお手伝いをさせていただきました。小1時間、私が駅前に立って売った分だけでも約75万円。この国の経済について、改めて考えさせられる時間となりました。

経済の基本はハイリスク&ハイリターン。ローリスク&ローリターン。私が義塾にて得た学問は全てこれに尽きます。

ママは

「男の人を通して世の中を知る」

と言うけれど、そのような社会への関わり方こそリスクが大きいのでは? 
世の中の事象は全て自分の目で直接見なければ。それが自立するということだと思います。

セックスはごくプライベートな愛の行為であり、女性にとっては数多くの男性とセックスすることは、心や身体が傷ついたり、簡単な女として男性に大切に扱われなくなったりする危険を多分にはらんでいる。

もちろん、数多くの性経験をすることで見えてくることもたくさんあるし、やらなきゃわからないことも多い。かと言って、やみくもに100人の男性とセックスをしても良いセックスや良い男性に巡り合えるわけじゃない。

女性にとってはセックスこそハイリスク&ハイリターンの投資行為です! 

どんな男性にどのタイミングで身体を許すか。

それを見極めるためには、やっぱりある一定のチェックポイント、選択基準を持っていないといけないのでは。
その選択眼を養うのは学問と教育しかない、と信じています。

男性の選択基準が緩い、明確でない=ヤリマン

じゃないかな。私はベッドでは淫乱かもしれないけど、ヤリマンにはなりたくないな。

ヤリマンは良いセックスに辿り着くまで時間がかかって、むしろ、淫乱にはなれないんじゃない?

ママのベストセックスはどんなセックス?









0 件のコメント:

コメントを投稿