2014年11月11日火曜日

「過激」Google認定記念! 11月24日は絶頂バトル観戦日です。

2014年11月7日(金)、前触れもなく突如、閲覧停止処分になった我がサイト。皆様の応援のおかげでアダルトサイトとしてよみがえったようです。

ブログ内でワイセツ表現はないように思うのですが、「過激」とGoogle認定されたようで光栄に存じます。

今後、しばらくの間、絶頂バトルの続きは、


で行う予定です。

また、水野スミレ氏との往復書簡ブログは新しくこちらにも立ち上げました。


11月24日(月、祝)の新宿での公開バトル 14:30~ にもぜひ観戦にいらしてください。



皆様のお越しをお待ちしております!
今日は一日大人しくミシンがけ。my SINGER ミシン♪


2014年11月8日土曜日

イヤイヤ!

ネットトラブルでイライラ。
LineといいGoogleアカウントといい…
ひろのちゃん助けて〜




ITオンチで手も足も出ません…


2014年11月7日金曜日

生殖と進化の法則

なーんて、
またウザい理屈コネそうなタイトルですが、
今日のママはちょっとち・が・う・の♡

息子ちゃんが大学院合格したとのお知らせ届きましたん♪

大学教授夫人の安定生活を捨てて、いばらのエロ道に入りこんだ母の元、
しあわせ迷子になった月日もあったでしょう。
君の行く道に光あれ。
なに研究するのかさっぱりわからないけど…
父母より君のほうがえらいことは、この母はわかってますぜ。
がんばれ〜。

母もがんばるよー。ウキッ♪


理屈好きは親ゆずりの息子。でも娘はさらに進化系の行動派。Love my babys♡


官能撮影とタンゴダンサー



先日のママとの対談の時のカメラマンさん、すごく丁寧な撮影で感激だったね。

「ときおりお見せになるひろ乃さんの愛らしい表情を撮影できて楽しい仕事でした……」

ってご挨拶いただいて、久しぶりに舞い上がったのたけど、既婚者だって。あ~あ。(涙)

アルゼンチン大使館では白人、金髪の美人ダンサーと

「日本のオトコって……」

ていう話で盛り上がりました。

ガールズトークも白人女性となら意気投合することが分かったけど……。それって私がこの国において少数派ってことかしら…。(泣)

男性のタンゴダンサーも素敵だったなあ。女を無言で操る踊り……。最近、一番感じる背中から彼のリードが伝わってきて危なかったです。


2014年11月6日木曜日

海綿体と脳の距離感

身体を鍛えればいいじゃんって…。
なんでセックスのヘタな男のために、そんな努力しなきゃいけないんですか。
お金のため?フェラーリのため?
自分の技量・能力でイクんだったら、ガツガツひとりでオナニーしてるのと大差ないじゃない。
 
セックスは、快楽のためだけにするものじゃないでしょ。
 
快楽<コミュニケーション<生殖
 
ですよってこと。
 
生殖までさかのぼって言及すると長くなっちゃうので省くけど、
セックスからコミュニケーション目的を切り離して、快楽目的でやるのは、経験値とセックスレベルの低い男のアタマ。
女がそんなこと言ってどうするんですよ、まったく。
男と女がおなじ視点でものごとを見るよりも、ちがう視点でものごとを見たほうが、
その対象物はゆたかに表現されるでしょ。
おなじ地点からなにかを目指したら、まちがいなく女は男に劣るんです。
集中力や達成欲がちがう。
だから、おなじものを目指すにしても、つねにちがう地点からスタートしていかなければ、
女が女でいる意味がないとママは思ってますよ。
 
セックスセンスもわからないの!
女の五感の鋭さは武器ですよ武器!
おなじことを言われても、好意的に感じられる人もいれば、イヤミに感じてしまう人もいるでしょう。
触れられて気持ちよく感じる人と、どうしても感じない人っているじゃない。
 女の肌は脳。

海綿体がパンパンだったらだれでもええんかい?
 
って言いたくなっちゃいますね。
 
まあ白熱しちゃったけど…
生きる苦労は等しくいろいろあるからね、
男くらいで泣かないでほしいわけですよ。
恋とセックスは楽しくなくちゃね♪

というわけで、大使館でのタンゴパーティはどうだったの。
ステキな男性は見つかった?


 昨夜の十三夜は、雲間からの月光。
神秘をもっと知りたい、生きているうちに。
 
 
 
 
 

セレブデートでもイケません?! セックスセンスって何?? 24日のイベント本番へ向けてバトル炎上中

ガガガガーン……。ショックで口がきけません。

「セレブデートは快適でも永久にイケない予感」

って何? 

そんなのママが身体鍛えればいいじゃん! (涙) 

快適っていうのは緊張と弛緩が自在な状態なんだから、オーガズムなんて簡単に取りに行けたはず。

捨てられた彼(30億)に代わって、今日は私が一日泣いてあげる。ていうか、私にはどうしてそういう人が巡ってこないんだろう?(泣)

11月24日(月、祝)、新宿での公開バトルではもっとショックなことを言われそう……。

バトルのご観戦はこちらへ

ぜひ応援に来てください!!

アルゼンチン大使館入口

2014年11月5日水曜日

ききわけのない身体です

ちょっと待って。
30億ったって人のお金だし。
たくさんの社員の尽力が生んで、
その人たちの生活を守るためのものですからね。
それにお金持ちはプロ女性慣れしてるから、
ママの「あなたのお金狙ってません」
オーラに惚れたのよ。
金品の無心は、亡父の教えに従い、
できないんですよね、昔から。

高級プレゼントやセレブデートは、
たしかに快適だったけど、
どうしてもセックスセンスが合わないから捨てちゃったママ。
肌が合わないと息が詰まるんです。
(肌が合わない = 永久にイケそうにない予感、とも言う)

セレブ再婚を喜んだ老母をガッカリさせたけど、
まあしょうがない。

「ききわけのない女です」

という意味では、ママも演歌的かも(笑)

1000円でもイク、30億でもイカない?!~涙の演歌、哀愁のタンゴ

昨日のKKベストセラーズでのママとの対談。What a shocking! でした……。

そもそも私がイクために必要な「安心感=経済力」とは、最寄り駅から自宅までの1000円をくれるだけでも安心と言ってたの。(拙著『ちんトレ』に詳細)

これにはもう編集部一同、大ズッコケ!! 
「なんだよ、1000円のことかよ、そんなの経済力って言わないだろ? 言葉の遣い方間違ってる」と。

1000円だって経済力でしょう? 
だよね? 
違うの?? 
100円だって、お金だもん!

対するママは年商30億の会社社長とフェラーリで自宅送り迎えデートを当たり前のようにしてたんだって!!

私はもう、今日から演歌道まっしぐら。

「贅沢は言いません、あなたが居てくれるだけで」

っていう本当の「ひろ乃」を見せていこうと思います。(涙) ていうか今までも言ってたことは同じだったんだけど……誰も分かってくれていなかったんだって。(涙)

お金がかかる女だと思われてたんだって。(涙)
編集長は「オトコは背中なんか興味ないよ」と…。(涙)

今夜はアルゼンチン大使館でタンゴレッスン。哀愁ただよう南米の演歌を心身で感じたいと思います! 一人ぼっちで! (涙) タンゴパートナー募集中。

ああ、涙が止まらない…。




2014年11月4日火曜日

ロケット絶頂とジェットコースター絶頂??

ひろのちゃんと絶頂対談。
何度話しても女のイクはフシギなものですね。
この一点で、恋愛観や美容、健康はもちろん、
生いたちや人生観、心的渇望感や社会問題まで語れちゃいます。

ママも元々は、

なんでセックスでイケないんだろ?

のハテナから始まったことなんですが…

思えば遠くへ来たもんだとしみじみしました(笑)

編集のSさま、取材執筆のWさま、
美女撮りのOカメラマンさま、
応援に来てくれたTさま、
今日はありがとうございました。

まだまだ遠くへイケるような気がしてるうちが花。
今後も上に向かってロケット絶頂したいと思います。

対談の内容は、12/5発売の「ベストSpecial」(KKベストセラーズ)さんにて掲載。
皆さま、ご一読くださいましたら嬉しいです。

それにしてもひろのちゃんはやっぱりかわいいですね。
ママが男だったらだいじにするなぁ…。
経済力、たぶん演歌的で良さそうだし(笑)


対談後も2時間おしゃべり(笑)おつかれさまでした♪


このあと対談。見た目は日本風でもセックスは?

伝統芸能!
ひろのちゃんが保守派とは、意外!
もう日本人のスピリッツに染みついてるのかな、
恐るべし演歌セックス。断固逃げるぞ。
だって、小さな死というより、
そのつど生まれ変わる的な、
全面プラスイメージだし…
あんがいママのほうがドライでエゴイストなのかもですね(笑)

演歌歌うのも和装も大好きですけど。
女は見た目じゃわかりませんね、ホント。

ではのちほど盛り上がりましょう♪


火曜営業の美容院さんに飛び込み、和髪セット。仕上がり楽しみ♪





2014年11月3日月曜日

演歌セックスは伝統芸能?

演歌の情念、好きかも。(汗) 

「もうアナタじゃなきゃダメ」

「キミ以外は無理」

っていう関係じゃないとつまらない。だからいつも煮詰まっちゃって別れが来るのかな……。そんな演歌セックスは時代錯誤かもしれないね。だけど伝統芸能として残す必要もあるのでは!

執着心=愛、エロス

じゃない?

オーガズムが刹那的とは思わないけれど、フランス語では、

「絶頂=小さな死」

だから。

めくるめくセックスができるパートナーとは一緒にいると死にたくなるね、確かに。

20代の世界旅行時代から、もう明日死んでもイイ、と思って毎日生きながらえてる。最後のパートナーに早く会いたいな。
女装の筋肉インストラクターと、今日もトレーニング。


明日はママとKKベストセラーズで誌上絶頂対談!

2014年11月2日日曜日

演歌的な恋とセックスがお好き?

ひろのちゃんも経済力で景気づけしてもらわないと燃えないでしょ(笑)
景気づけする側にとってはおなじことですよ。
卑屈でもない、というか、
相手がそうは感じてないから、
ひろのちゃんもしてもらってるわけで。
イカせてもらうのも、感覚としては卑屈の反対。
前も言ったけど、
セックスは力量試しのひとつで、
相手をリスペクトする材料になりますからね。
たぶん、ママは自分の感情も状況も、自分で処理するタチだから、
強いといえば強いんです。
そんな中で、唯一男の人に丸渡ししたいのがセックスでした。
だらけてゆるんでほぐれてようやく、広げてもらうとぐーっと広がる。
このリラクゼーションができるかどうかが、
パートナー選びのポイントになっちゃいますね。
それ以外のことで選ぶとどっかにストレス感じてイケません。
 
オーガズムが断崖絶壁でもないし。
刹那的なヒリヒリ感はなくて、
永久持続の花咲き乱れる極楽天国にイッて帰ってきて
「ありがとうあなた。おかげさまで♡」
みたいな平和な絶頂感ですね。

強烈なオーガズムって相手への絶対愛みたいなものを生むじゃない?
自分を理解してない人とのセックスでそこにイケちゃうと、ベッドを降りてからが卑屈になりそうで、それが怖いのもあるかもですね。
未練とか執着とか情念とか、演歌的な世界とは、
ママは絶対無縁でいたいので。


カバーデザイン決定♪ 11/25発売の文庫です。この背中は…エリートAV男優のひとり、阿川陽志さん。プロ性がにじみ出ています。



オーガズムは一緒に行く断崖絶壁?

え~、ちょっと待って。ママにとってオーガズムって男に求め、「もらうもの」なの?

私にとってオーガズムは自分で向かい、昇っていって、つかむもの。男性がしてくれることは、そのための「補助」じゃない? 

もしくは一緒に作って、一緒に辿り着く断崖絶壁ではないかと。

セックスは男にしてもらうものじゃないと思うな、絶対。

イカせてもらう、って考えはどこか卑屈だし、自分で向かっていかないといくら男性がテクニシャンでもそう簡単に辿り着ける場所じゃない気がする、絶頂断崖絶壁は。



それはそうと、「フェラで景気づけ」ってサイコー。(爆笑) そんなのやったことない。


2014年11月1日土曜日

スミレママの秘密の冒険2~オーガズムは無償の愛?

すりへらないものを惜しみなく出して喜ばせる。

続かないムリやがんばりはすりへって、長く持たないから、ちがうんだなとわかった。

なんでもゆるしてくれてたエロ観音みたいなママにポイされると、男の人たちはEDになったりするわけで、
結局、ムリはいい結果を生みません。

あなたは私にとってスペシャルですよという愛情表現を長くしつづける努力が無償の愛だと思います。
いつも心底明るい笑顔を見せるとかね

ひろのちゃんのかわいい笑顔を見せてあげればいいんじゃないですか。
それだけでは不満だという男は、ひろのちゃん自身に必要な存在じゃないということです。

男は女が好きだし、女も男が好きなんだから、

一緒にいるだけで喜びの感情が芽生えるというのがママの理想です。

男性側にもおなじことを望まれてると思ってます。

「償」って報酬、つまり有形物質、金品を指すでしょう。

無償の愛は、へらないもの。言葉とか態度とかね。

男の人に対しても「無償、でもこれは愛だと伝わってくるもの」を求めるのが、ママはいちばんラクになって……。

それが、オーガズムだと痛感するわけです。

精神面にばかり目が行って、自分の身体のクセなどはおざなりにしてきたから、

自分で絶頂に向かうって、感覚としてわからないんですよね。

ひろのちゃんが絶頂に向かうとき、自分で自分にどんなことするわけ???


多様化の時代とはいえ、だれの心にもひびくことって絶対にある。それが大切。